返済方法の種類とは|なかなか借金の返済が終わらないときは債務整理をしてみませんか?

返済方法の種類とは

Array

もしあなたがこれからカードローンを利用することになったら、具体的にどんな形で返済していくのか?
返済方法としていくつかのパターンを紹介していきたいと思います。

まずは「元利均等返済」についてです。
こちらは実際にあなたが借りたお金の金額と、それに金利を加えた金額を月ごとに一定に分けて支払っていく形になります。
毎月必ず一定の金額になるので、一番安心して計画的に掃い続けることができるでしょう。
ただしカードローンの返済をおこなう最初は利息にほとんど消えてしまうので、元金が減りにくい状態になるのがたまに傷です。

そして「元金均等返済」という方法もあり、このパターンだと月々の元金の金額は一定になるものの、そのタイミングの借入残高にさらに利息をかけていきますので、毎月利息分が変動してしまいます。
ということは返済の負担が大きくなってしまうわけです。
ただデメリットばかりではなく、メリットとしては借入残高が減るのと同時に金利負担も減っていきます。
つまり金利に関する支払合計は少ないという話です。

ただ上記に加えて、最近の場合は「リボルビング払い」による返済方法がかなり広がってきました。
細かい説明をするとかなり長くなってしまいますが、これは支払額を毎月使っているお金の総額から決済するという仕組みになっています。
現状では色々な返済方法の中でも、特にメインとしてリボルビング払いが使われているといってもいいでしょう。

自分がこれなら納得できる!といった返済方法になっている金融機関を見つけてから、カードローンを利用し始めてみてほしいと思います。